Entry: main  << >>
台湾高山茶の代名詞。
0

     

    台湾嘉義県にある「阿里山国家風景区」は、多くの山々からなり、1934年、日本の統治下で国立公園に指定されました。樹齢1000年を越える自生のタイワンヒノキは、東大寺大仏殿など、日本の多くの神社仏閣に使われています。

    ここで栽培された茶が「阿里山茶」。標高1,000mを越える農地で作られるため「阿里山高山茶」とも呼ばれます。原生林の澄んだ空気や朝夕の寒暖差、立ち込める霧など、おいしい茶ができるあらゆる条件を備たしたこの茶は、僕がよく講座などで台湾高山茶の説明をするときに用いることが多い優等生。

    爽やかな花のような香りと、喉元に残る甘く上品な余韻、コストパフォーマンス的にも優れた台湾高級茶です。

     

    ■ 阿里山茶(阿里山高山茶)20g ¥1,030(税別)

    ◇ オンラインショップは → こちら

     

     

    | コノハト茶葉店 | 18:48 | comments(0) | - |
    Comment








    コノハト茶葉店 ONLINE SHOP


    Calendar

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    Profile

    Facebookページ

    コノハト茶葉店

    Facebookページも宣伝

    営業時間のお知らせ

    営業時間のお知らせ
    営業時間

    10時OPEN 20時CLOSE

    *現在カフェ・スペースの営業はありません

    毎週火曜日は定休日です。

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others